介護職員初任者研修とはどんな資格?スクールの通学で受講してみた!

介護の現場で役立てられる資格の【介護職員初任者研修】を、実際に通学して講義や実習を受講してみました。

私が受講する介護職員初任者研修は、通学して講義や実習を受講すると資格がもらえる事業所で、なんと受講費が無料であります。(ただしテキスト代は実費がかかります。)

そこで、実際に受講をして、介護職員初任者県研修の資格が取得できるまでの過程を記録していこうと思います。(本記事は、介護職員初任者研修の講義や「介護職員初任者研修テキスト」(中央法規)より参照しています。)

介護職員初任者研修とはどんな資格?

 

こんな方におすすめします
  • 将来のために介護に関する専門知識を学び資格を取りたい。
  • 就職するために悔悟の専門知識や資格を取りたいが費用が掛かるのが心配。

介護職員初任者研修は、介護に携わる者が、業務を遂行する上で最低限の知識・技術とそ れを実践する際の考え方のプロセスを身につけ、基本的な介護業務を行うことができるよう にすることを目的として行われるものである。(厚生労働省のHPより引用)

介護職員初任者研修は、従来の訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修2級過程から移行する形で、2013年(平成25年)から始まりました。

さくら

『ヘルパー2級の名称が「介護職員初任者研修」に変更されました。(平成25年度4月)

介護職員初任者研修は、在宅や施設で働く上で必要となる基本的な知識・技術を習得し、支持を受けながら介護業務を実践します。

介護職として働くにあたり、最も初歩の資格となります。

  • 訪問介護員(ホームヘルパー)2級相当の研修を「初任者研修」と位置付けています。
  • 訪問介護員1級相当の研修と、介護職員基礎研修は、実務者研修に一本化します。

これからの介護人材のキャリアパス(人材が最終的に目指すべきゴールまでの道筋)は、
「初任者研修修了者」→「介護福祉士」(実務者研修修了者含)→「認定介護士」が基本となります。

介護職員初任者研修の資格を持っていると、訪問介護ができます。

(介護職員初任者研修の資格を持っていないと、訪問介護はできません。)

じつは資格がなくても介護施設で働くことができるのですが、資格を持っていることで介護の幅が広くなり、難しい介護ができるようになります。

そこで、介護職員初任者研修を学ぶことで専門知識を介護に活かせることができるため、介護のキャリアを上げられます。

 

介護職員初任者研修の講義内容は?

私が通う介護職員初任者研修修了者は、通常の研修会と違い通学過程となっており、学校として県に登録しています。

この研修で、介護職員に必要な知識や技術を学ぶことができて、研修終了後に終了評価試験(筆記試験)に合格すれば資格がもらえます。

介護職員初任者研修を取得するためには、講義と演習をうけて約130時間の研修受講と、
全課程修了後の修了試験に合格することが必要です。

それでは介護初任者研修で学べることについて、以下の表をご参照ください。

介護職員初任者研修(通学過程)カリキュラム

1.職務の理解(6時間)
①多用なサービスの理解
②介護職の内容や働く現場の理解
2.介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)
①人権と尊厳を支える介護
②自立に向けた介護
3.介護の基本(6時間)
①介護職の役割、専門性と他職種との連携
②介護職の職業倫理
③介護における安全の確保とリスクマネジメント
④介護職の安全
4.介護・福祉サービスの理解と医療との連携(9時間)
①介護保険制度
②医療との連携とリハビリテーション
③障害者自立支援制度及びその他制度
5.介護におけるコミュニケーション技術(6時間)
①介護におけるコニュニケーション
②介護におけるチームのコニュニケーション
6.老化の理解(6時間)
①老化に伴うこころとからだの変化と日常
②高齢者と健康
7.認知症の理解(6時間)
①認知症を取り巻く状況
②医学的側面からみた認知症の基礎と健康管理
③認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活
④家族への支援
8.障害の理解(3時間)
①障害の基礎的理解
②障害の医学的側面、生活障害、心理行動の特徴、関わり支援等の基礎知識
③家族の心理、関わり支援の理解
9.こころとからだのしくみと生活支援技術(75時間)
基本知識の学習
①介護の基本的な考え方
②介護に関するこころとしくみの基礎的理解
③介護に関するこころとしくみの基礎知識
・生活支援技術の講義・演習
④生活と家事
⑤快適な居住環境整備と介護
⑥整容に関したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
⑦移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
⑧食事に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
⑨入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
⑩排泄に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
11睡眠に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
12しにゆく人に関したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
・生活支援技術演習
①介護過程の基礎的理解
②総合生活支援技術演習
振り返り(4時間)
①振り返り
②就業への備えと研修終了後における継続的な研修
就労ガイダンス

 

介護初任者研修の資格を取る方法や費用について

介護初任者研修の資格を取るためには、通学講座と通信講座の2通りの方法があります。

ご自身の今の状況に応じて、受講しやすい方法で学ぶと良いでしょう。

介護職員初任者研修の講座は、

  • 民間企業が運営している講座
  • 福祉法人(特別養護老人ホーム等介護施設)で実施している講座
  • 自治体に学校として登録している講座

など様々な方法で資格を取得する方法があります。

通学講座は、座学と実習の講座を受講しますが、講座時間130時間を通学するため、受講期間が長期間になります。

(仮に週に3回通って約3ヶ月間、週に1回なら4〜6ヶ月間位かかります。)

通信講座は、家庭で自習をしてレポート提出するのと、スクールへ行って実習を受ける方2通りの方法になるので、

通学に比べると短期間(1〜2ヶ月)で資格取得ができます。

 

介護職員初任者研修の資格を取得するために必要な費用は、スクールによって費用は様々です。(約5万〜12万円)

ただし、受講料は教育訓練給付制度を利用すると費用の一部を助成できるので、条件がありますがお得に受けることができます。

民間のスクールでは、紹介する就業に就くことを条件に授業料が後から返してもらえる所もあります。

その他に、ひとり親家庭が対象になる就業支援施策「母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業」があります。

ご自身のお住まいになる市町村の自治体で、確認してみるといいです。

他にも、講座を受講するためのテキスト代が必要な場合や、通学すると会場までの交通費等もかかります。

介護職員初任者研修|スクールの通学で実際に受講してみた!

介護職員初任者研修の資格は独学では取れないので、介護の専門知識が学べるスクールを受講するのがベストな方法です。

私の場合、当初は住まいの近くで受講できるスクールを探してみると、今すぐに受けられる講座は市外にあるので通学するのが遠いのがネックでした。

そこでもっと近くで学べる講座がないか調べると、市内にある特別養護老人ホームで介護職員初任者研修の資格が取れる講座があることがわかりました。

早速家の近くにある老人ホームに問い合わせてみると、現在コロナ渦の影響で講座は行われていないと教えられました。

それでも、県のホームページで介護福祉のカテゴリから介護職員初任者研修の箇所を見ていると、現在開講する講座の一覧が載せられていました。

そこで、市内で開講予定の講座を見つけたので応募してみると、受講案内やテキストが送られてきました。

 

私が選んだ講座は、私が住む県で認定している学校で、受講料はなんと無料、テキスト代だけ実費を払うというものでした。

通学講座になるので、トータルで27日間通うことになります。

もしも、受講期間中に都合が悪くて出席できない場合は、講座を他に2箇所開催しているので、補講を受けることができます。

さらに、補講も受けられなくてもレポート提出をすれば良いとおいうことです。

ただし、レポート提出は文章を書く量が結構多いので休まずに通い切ることが先決だとわかりました。

 

現在、講座を受けにいっていますが、クラスの人数は20人ほどで、そのうち数人は実際に介護施設で働いている方がいました。

年齢的に若い方が多く、女性の方が人数は多いです。

また、子育てから手が離れた主婦の方や、私の様な親の介護をしている主婦の方も通っています。

 

私が通っている介護初任者研修の講座は就職することを前提に資格を取ることを目指しています。

講座中に介護業界で働くための就職ガイダンスも設けており、担当者と面談をして就労を目的としています。

まだ通い始めたばかりなので、朝から夕方まで座学を中心に講座を受けています。

来月からは、介護の実習を行うことになるので、近くの福祉学校に行って実習を行う予定です。

介護職員初任者研修の資格は試験がある

介護職員初任者研修の資格を取るために、最終日に筆記試験が行われます。

その前にも介護の実習で、一定以上の評価を受けないと資格はもらえません。

介護職員初任者研修の筆記試験は、1時間かけて選択問題を解いていく試験で、70点以上が合格ラインです。

詳しくことは事務局でテスト問題を作っているので、講師の先生はどんな問題が出題されるかわからないとおっしゃていました。

ただし、授業をちゃんと聞いていれば合格できるというのですが、どこから出題されるか皆目見当がつきません。

そこで、他の生徒の方が、テストに出題される重要なポイントを教えて欲しいとお願いしたところ、「ここは重要なので線をひいてください。」と言ってくださるようになりました。

 

自動車免許の筆記試験にように過去の問題集があればいいのにと思っているのは私だけでしょうか(笑)

授業を受けてちゃんと聞いているつもりでいたけれど、全然頭に入っていなかったことに気づいて、焦ってきました。

確か、記憶に関する授業の時に、人は覚えたことのうち70%は忘れていくと言います。

記憶と止めるために、学んだことを思い出すことを何度か繰り返すことで覚えられるようになると講師の先生が話されていました。

楽しようとした私が悪かったので、これからは真面目に学んだことを(インプット)、さらにアウトプットをしてしっかり記憶にとどめていきたいと思います。

そこで、これまでに学んだことを科目ごとにわかりやすくまとめて、アウトプットしていこうと思います。

これから介護職員初任者研修を学ばれる方の参考になればうれしいです。

 

まとめ

私は親の介護がきっかけとなり、介護職員初任者研修について学び資格をとろうと、講座を受けるために通学を始めました。

まだ慣れないことばかりで、四苦八苦しているのと、自分もこの先介護のお世話にならないようにするために、脳と体を鍛えていきたいです。

介護について学んでいくと、これまでに私がイメージしていた世界とは全く違くて、奥の深い世界だと気づいたので学ぶことが面白くなってきました。

介護というのはお年寄りのお世話をすることだけでなく、一人の人間と接することで見えてくることがたくさんあります。

これからこのブログで、私が講座で学んで得られた知識をアウトプットして、介護というのはこういうことなんだなと思っていただけたらと思います。

とりあえず、講座の日は遅刻しないように通うのと、授業中居眠りをしないように気をつけたいと思います(汗)

(本記事は、介護職員初任者研修の講義や「介護職員初任者研修テキスト」(中央法規)より参照しています。)

 

《関連記事》

介護職員初任者研修とはどんな資格?スクールの通学で受講してみた!

介護職員初任者研修の勉強|1職務の理解について

介護職員初任者研修の勉強|2介護における尊厳の保持・自立支援

介護職員初任者研修の勉強|3自立に向けた介護

介護職員初任者研修の勉強|4介護の基本

介護職員初任者研修の勉強|5介護・福祉サービスの理解と医療との連携

介護職員初任者研修の勉強|6介護におけるコミュニケーション技術

介護職員初任者研修の勉強|7老化の理解

介護職員初任者研修の勉強|8認知症の理解

介護職員初任者研修の勉強|9障害の理解

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です